会社情報 corp

SDGsの取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

(外務省HPより)

コーセーアールイーは、企業価値の向上と持続可能な社会の実現を目指し、地域デベロッパーならではのESGの取り組みを推進してまいります。

住宅性能評価

「住宅性能表示制度」に基づいて国(国土交通大臣)に認定された第三者評価機関が、住宅の性能について評価したものをいいます。この制度は平成12年にスタートしました。

この評価には、2つの段階が存在し、それぞれ設計段階に住宅性能を検査する「設計住宅性能評価」、2つめが建設段階に住宅性能を検査する「建設住宅性能評価」というものが存在します。

コーセーアールイーは、ファミリーマンションの物件につきまして、お客様に住宅の客観的な性能評価を知っていただき、物件を購入していただいております。

環境共生住宅推進協議会

「地球環境を保全する観点から、エネルギー・資源・廃棄物などの面で充分な配慮がなされ、また周辺の自然環境と親密に美しく調和し、住み手が主体的にかかわりながら、健康で快適に生活できるよう工夫された、環境と共生するライフスタイルを実践できる住宅、およびその地域環境」のことを言います。

地球に「住まう」一員として、地球の限られた資源を有効に、いつまでも使い続けていくための方法を考えていきます。

サガハイマット

世界最先端のがん治療を行う全国で4番目・九州初の重粒子線がん治療施設「九州国際重粒子線がん治療センター”SAGA HIMAT”」を支援しています。

サガハイマットは、外部の専門家や施設との緊密な連携のもとで、心と体にやさしいがん治療を目指しています。

植栽

コーセーアールイーのマンション「グランフォーレシリーズ」は、「ヒートアイランド現象」の緩和対策として、排熱を抑える省エネ対策のほか、その街々に溶け込むようなグリーンプランを設定し、植栽を行っています。

都市だからこそ、自然環境に配慮した、水と緑の癒やしのある上質な暮らしの空間を提供しています。

グランフォーレ大橋サウステラス
グランフォーレ大橋プレミア
時短勤務期間の延長

従来の「育児短時間勤務」では、お子様が3歳までの社員のみを対象としていましたが、出産や育児を必要とする社員にとって「働きやすい職場環境」を実現するために、対象の範囲をお子様が小学校に入学するまでといたしました。

職場へスムーズに導入できるよう社員間のサポート体制も充実しています。

HEMSシステム

HEMSとは「Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略で、電気やガスなどの家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムです。

先進技術を駆使して、省エネ且つ快適な住環境を提供しています。

エコカー導入による、CO2排出量の削減

全社用車(リース車両)のハイブリッド車への転換を推進しています。

また、社員一人ひとりの取り組みとして安全で環境負荷の少ないエコドライブを併せて実施することで、CO2排出量の削減に取り組むなど、さまざまな角度から環境負荷の低減に取り組んでいます。